プロフィール

初めまして、当ブログ管理人のぐっさんと申します。

名字が、㊙口だからぐっさん。そのまんまです。

僕は、ずっと一国一城の主になって、会社の社長( あるいは個人事情主 )になって働くことが夢でした。特に取り柄もなく、飛び抜けた才能があった訳でもなく、ずっと「 いつか 」「 50歳になるまでには 」そんな思いで生きてきました。

だけど、どれだけもがいても、雇われ人から抜け出すことはできなかったし、この職場は何がが違うと、何回か転職をしたけれど、どうしても職場に馴染めなかった。

40代崖っぷちリーマン伝説の始まり

それぞれの職場ではガムシャラに働いて、先輩から信頼してもらたり、大きな仕事を与えてもらったり、それはそれで遣り甲斐もあった。

でも、ずっと何かが違うって思ってた。

最初に入った製造業では、IT技術を導入すれば部材の発注が激的に早くなり、残業代を抑えることができると、入社6か月経った頃、部長に具申して直属の係長に大目玉をくらった。当時は、紙の発注表に鉛筆で発注数を書いてFAXしてたので、それはもう膨大な時間がかかっていたんだ。

他にも、社内ミーティングでは新人のペーペーにもかかわらず、色々意見しては却下された。

僕が意見していたのは、少しでもロスを減らして、会社の利益を大きくしたい!と考えていただけなのに…

今考えたら、ヤル気がありすぎる生意気系の新入社員だった訳だ。

40代崖っぷちリーマン怪しいビジネスにハマりまくる

「 企業は自らのメンツを保つのに必死で、お前の声なんか聞いてもいない! 」と僕の人生のメンターであるI氏から言われたのを今でも覚えている。

「 だったら何で人よーさん雇って無駄な事ばっかりしてるんですか?!あいつも!こいつも!無駄やん! 」めっちゃ生意気やったなって、反省はしている。

「 お前が社長になったら分かる世界。何ならなってみーや 」って言われたのが恐らく僕の『 自分探し 』の始まりだったと思う。

それからというもの、「 誰でも 」「 楽して 」「 簡単に 」儲けれる系のビジネスにハマっていくのでした。

  • インターネットの怪しい情報商材
  • アムウェイ
  • せどり
  • 怪しい共同出資話
  • 資格商法

株式投資系以外は、ほとんどやったんじゃないかな?ありとあらゆる情報に手を出しては挫折。儲けるどころか借金を背負って、また怪しい情報に手を出す。こんな生活を15年以上続けてきました。

40代崖っぷちリーマン悪夢の始まり

僕の転機は30代最後の年、長年勤めた企業からリストラされたこと。

リストラというのは建前で、僕は権力争いに巻き込まれ、見事に負けた。

内部告発に始まり、親会社の内通者となり、同士のスカウトに奔放した3年間。

もちろん僕の精神は病んでいた。

統合失調症と診断されたのは5年前の夏だった。リストラ宣告される、ちょうど6か月前。「 すぐに明日、奥さんを連れて来い!緊急やから 」と担当してくれた精神科医が神妙な面持ちで、僕にそう告げた。

翌日、妻を連れて再びメンタルヘルスクリニックを訪れると、その先生は開口一番

「 こいつ、これ以上やらせたら死ぬぞ!! 」と妻に告げたんだ。

親会社の内通者( モグラ )として「 独裁者のY部長を引きずり下ろす。絶対Y部長一派は全員潰す!! 」なんて精神状態は異常。

反乱軍ごっこはもう辞めなさい!今はランナーズハイのような状態だけど、それが切れたら、死ぬよ!?マジでって言われて、妻が泣いてたわ。主治医やカウンセラーからは、「 半沢直樹の世界やね 」ってよく言われてきた。

クリニックからの帰り道「 ひょっとしたら俺、解雇されるかもしれない。ごめんな! 」と妻に打ち明けたんだ。

「 まぁ、あんたの性格からしたら、曲がったことが嫌いで無鉄砲やから、覚悟はしてる。最悪、新聞配達でもしたらエエやん 」って言われちょっとホットした。

40代崖っぷちリーマン地獄の始まり

翌年の3月31日にリストラされました。

「 ほんまやったら懲戒解雇やけど、お前もよく尽くしてくれたから 」と宿敵のY部長からリストラ宣告されました。

親会社の本部長から「 何があってもお前のことは絶対に守る! 」って身の安全は完全に保証されていたわけだけど、僕の心はもう壊れててそれどころではなかった。「 もう休ませてほしい 」それがYと話した最後の言葉だった。

見事にリストラされたその後は、転落人生。

統合失調症を患いながら転職活動。転職回数は多かったものの、それなりに実績も残してきたので、何社かから内定を貰っては入社。「 何かが違う 」と思い試用期間退社( 職歴に傷がつかない )内定7社目で、タイムアップ。リストラされてから1年が経過しようとしていた。

仕方ないので、待ってもらってた内定先に再就職したんだけど、そこは地獄の入り口だったんだ。

とにかく相手のことを認めない文化が横行していて、毎日誰かが誰かをディスっている。いや、まぁ一般職が愚痴るのは、ペーペーの権利だと思うんだけども、経営陣はもちろんのこと、施設管理者、主任、リーダーに至るまで、ディスり合戦の日々。

人間って人に認められたい!って承認欲求があるから、それが認められないと頭がオカシクナル。だから僕と同期入社した連中は、みんな精神的に病んで去っていった。

あとはイエスマンしか認めない文化で、やっぱり「 ここはこうしたほうがイイ 」という僕はウザかったみたいで、どんどんメインの業務を剥がされていったんだ。最後には、社内でも一番嫌われている粘着質経理マンの下につけられて、そいつに弄ばれる日々が始まったんだ。

「 もうダメ。もう嫌。もう辞めたい。 」ここで定年まで迎えるのは無理だな、心底そう思った。

40代崖っぷちリーマンに転機が訪れる

転機が訪れたのは、再就職して1年半が経とうとしていた頃。知り合いから、「 独立して店を出すからホームページを作ってくれないか? 」って頼まれたこと。

ホームページなら、怪しい情報商材にハマっていた頃、幾つも作ったからお手の物。予算は3万円だという。

安請け合いして1週間ほどで作ってあげたら、オッサン大喜び。

サーバー代とドメイン代に使った残りが、1万5千円の純利益。メチャメチャ心躍ったし、15年前とは違いスゴイスピードで技術が進歩していたのには驚いた。特にWordpress( ワードプレス )。今は、ホームページビルダーの時代やないんやって思った。

これ資金にして何か起こそうかな?

そう思った僕は、禁煙して、週末の釣行を全部キャンセルして、10万円ほどの運転資金を作ったんだ。B型の凄いところはその行動の速さ( 自分でも驚くけど )。やると思ったらメチャメチャ行動が早い。

有料ドメイン取得して、Xサーバーと契約して、さぁ何やるかな?って考えている最中『 RUREA 』って情報商材に出会うこととなる。RUREAのウェブコピーライティングはヤル気150%だった僕の脳を直撃し、2万円超だったにもかかわらず、1日と迷わずポチってしまいました。

ウェブコピーライティングすげーって思ったのは言うまでもないよね?

RUREAの内容は確かに凄かった。今までに見たどんな怪しい情報商材よりも具体的なHowToが書かれていて驚いた。そして何より凄かったのが、その再現性。詳しくは書けないけど、半ばノウハウコレクターだった僕の手を動かしたんだ。

無料ブログに登録するため、せっせと無料メールアドレスを量産する。

40代崖っぷちリーマン逆転人生の始まり

RUREAは確かに凄い情報商材。怪しい情報商材と違って再現性もある。言っていることも間違いない。「 でも何か違和感がある。何かが抜けている 」そうだ!もっと具体例を見せて欲しいと思った僕は、

  • アフィリエイト 具体例
  • アドセンス 具体的な工程
  • ネットビジネス 有名な先生

ってググり始めたんだ。そしたら出てくるは怪しい薄っぺらい情報サイトが!

でも、そんな中にひときわ目立つサイトが一つだけあったんだ。

ゼロ初心者がアフィリエイトで稼ぐ方法~年収1000万の日本語教師が丁寧に解説します!!~ってサイト。僕が何故このサイトにビビっと来るものを感じたのかと言うと、

アフィリエイト何、アドセンス何、物販って何、初心者、稼げない奴の特徴…∞もう自分でも分からないぐらい色んなキーワードを検索したんだけど

検索すれば必ずこのサイトが現れる。

でも年収1000万ってキーワードは怪しい情報商材の常套句。

でも気になるけど怪しい。僕の妖怪レーダーが「 怪しい!怪しい! 」って言っている。

でも、気になるからちょっと覗いてみるか!!

40代崖っぷちリーマンnihongo1000先生と出会う

「 なんじゃコリャ!! 」松田優作ことジーパン刑事( デカ )の殉職シーンよろしく、僕は目玉が飛び出るほど驚いたね。パンパないページ数に、パンパない情報量。よくよく見るとサテライトサイトと思しきサイトも無数にあるじゃないですか?

「 どーなってるねんこのサイト???ここまで載せたらアカンやろ 」って色々見ていたら朝になっていました。不眠で職場に出社したわけですが、ずっとnihongo1000って人のことが頭から離れない。

何だこの人は?何者?絶対年上だ。年収1000万円はウソやろ。正直、その日は職場で何をして誰としゃべったのか記憶にないぐらい

正直、「 儲かってま~す 」「 コンサル生が100人を超えました 」「 1か月で50万円稼げました 」なんて自作自演は嫌になるぐらい見てきたけど、

この人は何かが違う「 nihongo1000って何者やねーーーん! 」で頭が一杯でした。

多分、100ページ分ぐらい読み終えた僕は、nihongo1000先生のメルマガに申し込み。

「 月5000円稼いでいない人はご遠慮ください 」と書かれたLP( ランディングページ・成約を高める場所 )にくぎ付けになり、清水の舞台から飛び降りる思いで、「 まだ1円も稼げてませんが、弟子にしてください!! 」ってメールを送ってみた。

数日後、「 1円も稼いでないのであれば、死ぬ気でやることと、僕の貴重な時間と人生を無駄にしない覚悟があるなら見てあげる 」という返信がありました。

それが僕と師匠である、nihongo10000先生との出会いでした。

個人の独立のためのブログ構成術まとめ

僕はこの後、nihongo1000先生の弟子となり、月収100万円に向かって走っていくことになるわけです。

正直、ホームページに載っていない秘策を教えてもらえたり、もう少し早く稼げるものだと思っていましたが、現実は、毎晩書いて書いて書きまくっての日々。

腱鞘炎になった先輩がいると聞きましたが、僕も打ち過ぎて手が痙攣する症状に悩まされたりしました。( そうは言っても、たかが1万字程度 )

書いても書いても収入が発生せず、稼いでいる先輩に愚痴ってみたり、独りで挫折してみたり。

初めて報酬が発生したのは、89日目に16円。妻には「 あれだけ努力して、たったこれだけかよ 」と言われましたが、その後1,000円、5,000円、10,000円と収入が発生し始めました。

しかも、別サイトの作成で、ほったらかしにしていても収入が発生しているではありませんか!?

「 これがnihongo1000先生がいつも言っている『 一生資産になるサイト 』かぁ 」と自信になり、現在5つのサイトを同時作成中。

SEOとは最強の集客術です。

集客術さえあれば、ネットで収入を得続けられるだけでなく、自分のお店もリアルで出店できる。広告費も必要ないし、金融公庫に頭を下げて、融資してもらう必要もなくなる。そもそも人に頼って生きていくスタイルから脱却できるのです。

長くなりましたが、人生逆転したいと思うのであれば、アフィリエイトを真剣に学んでみてください。1年間死ぬ気で努力すれば、人生変わるので。